■PROFILE■
■OTHER■

日本離床学会主催 教育講座
※ご依頼もとの原稿を掲載しております。

○日本離床学会主催 教育講座
実技プレミアムコース 呼吸介助手技集中講座
日時:2020年1月17日(金)10:00〜16:00
会場:岩手保健医療大学(JR盛岡駅より徒歩5分)
講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会)
受講料:一般29,800円(税込)会員26,800円(税込)
内容:講師が一人ずつ丁寧に手技の確認を行い、力加減、方向、タイミングを徹底的指導します
1.少人数制で徹底指導でモヤモヤを一気に解消!
2.臨床で使える離床を技術マスター
3.離床アドバイザー認定に必要な実技3単位の取得。
4.本講座でしか手に入らないオリジナルテキスト付き


○日本離床学会主催 教育講座
脳卒中の看護ケア・リハビリテーションに必要な高次脳機能障害の基礎知識
〜的確なゴールを予測するための臨床応用法〜
日時:2020年1月18日(土)14:30〜18:30 1月19日(日)9:50〜16:10
会場:仙台青葉カルチャーセンター(JR仙台駅より徒歩7分)
講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会)中村 昌孝 先生(守谷慶友病院)
受講料:一般19,800円(税込)会員16,800円(税込)
内容:脳画像をヒントに高次脳機能障害の症状と病態をシンプルに理解する講座
   症状理解とアセスメントに終始せず、得られた情報から臨床アプローチ・ゴール設定に
   活かす方法を学びます。
1.脳画像からみた高次脳機能障害のメカニズム
2.グループ別に理解する 高次脳機能障害の症状と病態
3.評価法の選択と重症度から考えるゴール設定のしかた
4.高次脳機能障害における障害別アプローチの実際
5.やってはいけない高次脳機能障害へのリハビリテーションでの対応
6.症例から学ぶ高次脳機能障害患者への具体的アプローチ

○日本離床学会主催 教育講座
今一番足りない!“考える力”を養おう
グループディスカッションで学ぶ離床のリスク管理
日時:2020年2月15日(土)10:00〜16:10
会場:エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区国分町3-3-7)
講師:丹生 竜太郎先生(済生会八幡総合病院)
受講料:一般12,800円(税込)会員9,800円(税込)
内容:「起こしたから悪くなった」といわれないために必要なデータ判読、フィジカル所
見を徹底的に身につけ、安全な離床支援からADLアップを学ぶ講座。
1.事件だ!患者の訴えを聴け
まず、今なにが起こったのかしっかり推理。患者の声から疑うべきリスクについて想像する力を養います。
2.現場検証 現在の状況をアセスメントせよ!
実際のデ−タや身体所見から現状を把握。デ−タの読み方、身体所見の取り方も併せて学びます。
3.捜査本部会議 犯人像を浮かび上がらせろ!
数あるデ−タの断片を統合して動かすリスクを判断。動くならどのレベルまで?動けない場合でも最善策を模索します。
4.動いた!安全を確保しつつ目的を達成せよ。
離床・リハビリ施行時に配慮すべきポイントを動画を交えて解説。
実際の現場でどう動くべきかを学びます。
5.トラブル発生!予想外の展開を落ち着いて乗り切れ
突然の合併症への対応から、再び動かすタイミングを見つける方法まで“対応力”を身に付けます。

申込み:ホ−ムペ−ジよりオンラインで申込み
問合せ:日本離床学会事務局 TEL:03-3556-5585


| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=1750 |
| 会員向け::関連団体主催研修会案内 | 10:31 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑